保育士バンク

 

高校生や大学生の就職活動、元保育士の方の復職を良心的にサポートしてくれる保育士バンク。

厚生労働省が認可した安心・安全な保育士バンクの利用登録。

目標にしていた保育士になることができた方にとって、働いてからのお給料はとっても気になるポイントですよね!

ここでは、保育士バンクにて内定が決まった場合、お給料はどれくらいが相場なのか、徹底リサーチしてみました♪

保育士バンクで内定が!お給料にはバラつきがあるよう…。

保育士バンクに登録し、晴れて保育士になった方たちは、どのくらいのお給料をもらうことができるのでしょうか?

リサーチをはじめてみると、お給料についてはバラつきがあり、詳しい内容をまとめてみました!

①正社員の場合のお給料

保育士のお仕事形態では、正社員やパートなどが一般的です。

正社員の保育士のお給料は、基本給が165,000円からとなり、専門的な資格などお仕事の業績がアップできると感じた方には、そのほかの手当てとして30,000円から70,000円程度のお給料がプラスされるようです。

正社員の基本的な働き方は、週に2回程度の休みと8時間勤務が一般的で、この形態であれば、お給料は165,000円程度が一般的となっています。

ただ、保育園の形態や全国各地の雇用条件によって、お給料には少なからず変動があることも知っておいてくださいね。

②パート・アルバイトのお給料

正社員とは違った勤務形態になる保育士のパートやアルバイト。

パートやアルバイトの場合は、時給換算のお給料となり、正社員よりもバラつきがあります。

パートやアルバイトは、週に勤務する回数も2~5日、勤務時間も1日3~6時間程度が一般的です。

全国各地で定められているアルバイト・パートの最低賃金を勤務回数と時間に換算すると、大体のお給料が把握できます。

パートやアルバイトであっても、保育士バンクに登録されている保育園のなかでは、時給が1000円近くからスタートし、業務成績によって昇給されることも多いようです。

厚生労働省による調べによると…。!?

厚生労働省からは、保育士の平均的なお給料が月額1600,00~200,000円であることが2013年の時点で報告されています。

保育士というお仕事は、命を預かる大切なお仕事でもあるため、重要度を鑑みて見合ったお給料への引き上げに向けて制度改定や特別予算のなどの動きが進んでいることもメディアなどで提示されています。

これからは、保育士バンクに利用し、保育士になった際のお給料の事情は、徐々に変化していくことも予想できますね!

保育士バンクの登録で内定!お給料アップの秘訣は!?

保育士としてお仕事をはじめ、業務に徐々に慣れてくると、たくさんの人がスキルアップを目指すのではないでしょうか?

自分の保育士としてのキャリアが長くなり、落ち着いたものに変わってくると、お給料アップのためのノウハウが気になってくるものです。

ここでは、保育士バンクにて内定が決まり、お仕事が慣れてきたときに思うお給料アップの秘訣をご紹介したいと思います☆

①無遅刻・無欠勤・真面目な勤務態度

社会人としてこれらのことがきちんとできていると、保育士としてのスキルアップがスムーズになり、保育園側から求められる人材となることでお給料のアップにもつながります。

②資格の取得

保育士として働きながらも、専門的に役立つ資格の勉強をし、取得をしておくとお給料アップの可能性が高くなります。

資格取得したという実績があれば、努力家である人柄も評価されるので、パート・アルバイトの時給アップにもつながるでしょう。

おわりに

保育士

 

保育士のお仕事はそれなりに大変なことも多いなか、決して少ないお給料ではないことがわかりましたね。

保育士バンクの利用にて、内定してからの毎日の努力がお給料アップにつながることも知っておきましょう!